《頭痛・肩こり》
臓器のある側から肩こりが起こってきます。
肩こりは、首、肩周りの不快感や頭重感があります。
肩こりが酷くなると、頭痛や腕のしびれ、腕の動かしづらさ、集中力の低下、気分がすぐれないなど、さまざまな症状を伴うことにもなりかねません。

* 頭、首の付け根が重い、痛い。
* 頭、首の後ろ側から肩にかけて筋肉が硬い。
* 首から肩にかけての不快感がある。
* 寝違えたように、後ろを振り向きにくい。
* 体が温まると体が楽になる。
* 腕がスムーズに動かない。


これらの症状がある場合は、肩こりを疑ってもよいと思います。
但し、頭痛には病気が隠れているものもあります。
狭心症・心筋梗塞・高血圧・糖尿病などの症状のひとつとして起こることがあります。
体内の臓器に異常が起こったとき、心臓や脾臓・胃に疾患がある場合は左、肝臓なら右側の肩など、その臓器のある側から肩こりが起こってきます。

あまりに症状がひどい場合には、一度病院で検査を受けてみてください。病気の早期発見につながるかもしれません。

|BACK|NEXT|

(c) AQUA.