《50肩》
主な特徴として、「肩から腕にかけて痛む」「上下/水平の動きが制限される」が、上げられます。症状の進行具合によっても、度合いは違ってきますが、具体的には…、

* 肩を動かすと痛い。
* 腕を後方へ回すと痛む。
* 肩が上がらない。


などの痛みと運動制限が特徴です。また、夜間に痛みが酷く、早朝に激しい痛みで目覚める事(夜間痛)、左右同時に発生することが少ないのも特徴です。
これらは、徐々に肩の動きが悪くなり、運動が制限され、少し動かすだけでズキンと痛んだり、痛みも頑固なものとなってゆきます。
ほとんどの場合、原因・症状別に必要な対処法を、正しく、ひとり一人の状態に合わせ、計画的に行えば、楽になり、症状が解消します。

《膝痛》
* 階段の上り、下り時に痛い。
* お膝が(正坐)が出来なくなった。
* 膝に「みず」が溜まった。
* 立ち上がりが痛い。


などこちらも、痛みと運動制限が特徴です。
これらを含む多くの関節痛にはいくつかの原因があります。

* 過度の負担:運動や労働での使い過ぎや、体重の増加などです。
* 筋力不足:関節を正しく動かす為の筋力が低下することによって痛みを出します。
* 加齢によるもの:年齢とともに筋力や柔軟性、関節軟骨の機能などが低下し痛みを出します。変形性の関節炎なども含まれます。


ほとんどの場合、原因・症状別に必要な対処法を、正しく、ひとり一人の状態に合わせ、計画的に行えば、楽になり、症状が解消します。

|BACK|NEXT|

(c) AQUA.